女子と勝負服

先日、美容院で読んだ雑誌に、重要な仕事や恋愛には「勝負服」で挑む!という特集が掲載されていたのですが、私にとっての勝負服は、紺色のジャケットと赤いガラスの指輪!雑誌に載っていたほどオシャレなものではないし、しかもジャケットは母からのお下がり、指輪に至っては友人(女子)の函館のお土産という超安上がりな品物なのですが、紺色を身にまとうと気分がしまるし、赤いものを身に着けるとテンションが上がるため、私にとっては非常に大切な存在。大切な会議に出席するときなんかは必ずこの2つを身に着けるようにしています。
他の人はどうしてるんだろう?と思い、先日職場で聞いてみたところ、結構勝負服を持っている女子多し。同じ部署の先輩は、「10年ほど前に買ったエルメスのスカーフ」と即答。普段から非常にオシャレな先輩なのですが、答えも非常にファッショナブルだなぁと感動しました。
そこで気づいたのは、同じ年代であっても男性の中には勝負服を持っていない人が多いということ。私の職場だけかもしれませんが、「そんなこと考えたことなかった」という人が圧倒的で結構びっくり。この男女間の意識の差って何なんだろうなぁと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です