京都のベタな観光

2015年に京都に行きました。私は長く外国にいたので、「日本好きな外国人」のようになってしまったと家族にいわれるほど、「外国人感覚」で日本を観光するようで、京都は一度 ゆっくり一人で観光してみたかったのです。10日間行くことにしたので、さすがにホテルは予算オーバーでバックパッカーに泊まりました。40過ぎて、20代の人達と寝泊りするのは、少し緊張したのですが、一人旅の方が多くて、それに今の20代、30代前半の方は、みんな、穏やかでいい人たちばかりで、驚きました。お互いにどうやって京都をみてまわるつもりなのか、アドバイスしあったり。京都はアジア系の観光客がとても多くて驚きました。浴衣をきて観光しているから、てっきり日本人だとばかり思っていたら、そうじゃない人達もかなりいて、びっくりしました。バックパッカーで「阿闍梨餅」という和菓子をいただいて、とても美味しかったです。社会の本に載っていた、広隆寺の仏様を2回ほど見に行きました。うっとり。あと、早朝の清水寺は人が少なくてよかったです。下鴨神社がとても気に入って、朝早く2,3回お参りしました。仁和寺はあんなに、広いとは知らなかったので、かなり歩いて疲れました。嵐山では人力車に乗ってガイドツアーのように各場所で説明までしてもらえて、よかったです。四国で暮らしている友人に、京都まで来てもらって、舞妓さんとの夕べというツアーに参加しました。本物の舞妓さんはとても可愛いて、そして、踊りはとてもきれいで楽しかったです。